初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

TMD001

1>三叉神経痛の栄養医学療法

更新日:2016年9月19日

三叉神経の近くを通る血管が蛇行することによって、
三叉神経を圧迫することで三叉神経痛が起こることが
多いとされています。

また、セロトニンが不足すると血管が拡張して、
三叉神経を圧迫することで三叉神経痛が起こります。

栄養療法によって、血管が正常に戻りまっすぐになり、
セロトニンが増えて血管拡張が落ち着けば、三叉神経痛が
改善する可能性があります。

手術を回避できる可能性があるため、テグレトールが
効いているうちに試してみる価値はあるのではないかと
考えています。

栄養医学療法(サイト)

三叉神経の50〜80%は脳の血管が蛇行して、三叉神経を
圧迫するのが原因と言われています。
残りの20〜50%は原因不明です。

古くから三叉神経痛に多発性硬化症が合併し、多発性
硬化症に三叉神経痛が合併することが知られています。

多発性硬化症は緯度が高い所、すなわち欧米に多く、
緯度が低い所、赤道付近ではほとんど発症しません。
最近、緯度が高い低いではなくて、栄養素の多い少ないが
多発性硬化症の発症に関係しているのではないかとする
見方が出てきました。

三叉神経痛も多発性硬化症と似たような栄養素の多い
少ないが発症に関係している可能性があります。


そこで当院では、栄養素の過多・過小を採血・血液検査で
調べて栄養状態を改善すれば、一部の三叉神経痛が軽快
するか、軽快しないまでも悪化を防げるのではないかと
考えて栄養療法を行っています。
それによって
  ・薬剤の量を減らすことができる
  ・手術を回避すことができる
可能性があります。

三叉神経痛に関連する栄養素

歪んだ血管が、新陳代謝で作り替えられる時に重要なのが
コラーゲンです。
コラーゲンの合成には、
 ・タンパク質
 ・ビタミンC
 ・鉄
 ・亜鉛
などが必要です。

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

<1>「三叉神経痛の栄養医学療法

>「三叉神経痛とは

>「三叉神経痛の症状

>「三叉神経痛の診断

>「一般的な治療法(西洋医療)

>「三叉神経痛の漢方治療

>「寝相と三叉神経痛

>「咬合(噛み合わせ)と三叉神経痛

>「虫歯や歯周病と三叉神経痛

10>「金属アレルギーと三叉神経痛

11>「最近の関心事や知ったこと