[本当は怖いアゴの痛み〜外されたエンゲージリング〜]    

最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学

S・Eさん(女性)/37歳  OL


念願の結婚を半年後に控え、ハネムーンの休暇を取るために
毎日残業することにしたS・Eさん。
その日もオフィスで長時間のパソコン作業に追われていましたが、
大あくびをした時に、ズキッとうずくような痛みをアゴの付け根
辺りに感じました。
痛みを感じたのは一瞬だったため、大したことないだろうと思った
S・Eさん。
しかし、その後も気になる異変が続いたのです。



<症状>
(1)アゴの痛み
(2)アゴから関節を鳴らしたような奇妙な音がする
(3)にぎり寿司くらいの大きさの物が口に入らない
(4)アゴに釘を打ち込まれたような激痛



<病名>顎関節症

 

 

<なぜ、アゴの痛みから顎関節症に?>
「顎関節症」とは、何らかの原因でアゴにかかった大きな負担から、
痛みや音が出るといった異変が発生。
最終的には、口がほとんど開かなくなってしまう病のこと。
潜在患者数は、日本人のなんと2人に1人。
20代から30代の女性に多く見られる病です。


では、なぜ口が開かなくなってしまうのでしょうか?
実はこの病は、口の中の「関節円板」と呼ばれる部分に異変が生じると発症するのです。

関節円板とは、スムーズに口を開け閉めするために、アゴの関節の
間でクッションの役目を果たす柔らかい組織のこと。

しかし、この病を発症すると、関節円板が本来の位置からずれて
しまい、口が開けづらくなっていくのです。


なぜこんな事態が起きてしまうのか、原因はまだ完全には分かって
いませんが近年、ある生活習慣が注目され始めています。
それは、精神的ストレスによる長時間の歯の噛み締め行為。
なんと1度の噛み締め行為で、アゴには50kgもの負荷がかかると
言われています。


S・Eさんの場合も、連日、長時間に及ぶパソコン作業で精神的
ストレスが蓄積。
無意識のうちに歯を噛み締め続けていたと考えられます。

すると、関節円板は圧迫され続け、やがて周辺の組織に炎症を
引き起こします。
最初に現れたアゴの痛みはこの炎症が原因であり、この痛みこそ
顎関節症を発症したサインだったのです。
もしこの時点で専門医の診断を受けていれば、彼女の病は問題なく
完治したはず。

ところが炎症を起こした組織は、時間とともに沈静化。
すると痛みも消え、S・Eさんは異変が治ったものと勘違いし、
結果、彼女の関節円板への負担はますます蓄積。
徐々に前方へと押し出されていったのです。
こうして生じた異変こそ、アゴが発したあの奇妙な音。
これは大きく口を開けた拍子に、ずれていた関節円板が、
一時的に元の位置に戻った音だったのです。

その後も、絶え間ない圧迫がかかり続けたS・Eさんのアゴは、
ついに関節円板が前方へと脱落。
口を開けようとするアゴの動きを邪魔してしまいました。
その結果起きたのが、握り寿司が一口で食べられないという
異常事態でした。

それでも強引に口を開けようとしたS・Eさん。
次の瞬間、アゴの付け根に無理な力がかかり、猛烈な痛みが発生。
彼女はその場で、倒れてしまったのです。


この病の最も恐ろしいところは、S・Eさんのように、ある日突然、
関節円板が完全に脱落、いきなり口が開かなくなってしまうと
いうこと。
だからこそ、アゴに異常を感じたら、すぐに専門医の診断を
受けることが大切なのです。




http://asahi.co.jp/hospital/       




 

初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

TMD001

<8>本当は怖いアゴの痛み・・・顎関節症

topimage0001

<1>「顎関節症

<2>「最近の関心事や知ったこと

<3>「顎関節症で自殺考えた元日テレアナ

<4>顎関節症とは

<5>美人病とは

<6>美人病にご注意を

<7>「顎関節症の症状

<8>「本当は怖いアゴの痛み

<9>「本当は怖い顔の歪み

<10>「顎関節症の徴候

<11>「顎関節の位置

<12>「関節円板

<13>「開口運動

<14>「顎関節症の原因

<15>「クリック(音)

<16>「クローズドロック

<17>娘さん 頬杖はいかんなあ

<18>「臨床的分類とその症状

<19>「日本顎関節学会の分類

<20>顎関節症の治療の流れ

<21>「顎関節症の西洋医薬治療

<22>「スプリント(マウスピース)治療

<22A>マウスピースの種類

<23>マッサージ療法

<24>「身体の使い方の修正

<25>「クローズドロック対策トレーニング

<26>「顎関節症の栄養医学療法

<27>「顎関節症の漢方治療

<28>「顎関節症も定期検診を

<29>「咀嚼筋 腱・腱膜過形成

<30>「子どもの顎関節症

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します