初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

TMD001

<4>[顎関節症とは

[顎関節症とは]    


(gooヘルスケア)



<顎関節症はどんな病気か>
咀嚼や口の開閉といった顎運動に伴う筋の痛みや違和感として
自覚される咀嚼筋群の「疼痛性機能障害」と、顎関節の雑音や
関節痛を伴う「可動制限」を包括して「顎関節症」と呼びます。

咀嚼筋、顎関節にそれぞれ単独で症状を示す場合もあれば、
両者が関連して症状を形成することもあります。



<原因は何か>   
発症頻度に性差はありませんが、医療機関への受診数は女性で
高頻度(70%以上)です。

好発年齢は10代後半〜20代が1つのピークで、2つめのピークは
40代以降にありますが、最近では10歳未満の若年で発症する頻度も
増加しています。


原因は多因子的であり、以前から指摘されている因子には、
精神的ストレス、局所疲労を蓄積させる生活習慣、噛み合わせの
異常、外傷などがあります。



<症状の現れ方>   
臨床症状は顎運動時の咬筋、側頭筋の痛み、顎関節(耳前部)の
痛み、顎関節の雑音、ならびに顎関節の可動制限などで、
多くの場合、症状は複合します。



<検査と診断>   
診断は病歴ならびに画像診断などを総合して行いますが、X線、
MRIなどの画像情報は重要です。



<治療の方法>   
咀嚼筋の疼痛性機能障害に対しては、ホットパックによる温罨法、各筋の圧痛点に対する
マッサージ、開口運動やあごの側方運動によるストレッチングなどが
効果があります。

夜間就眠中に歯ぎしりや噛みしめなどがある場合では、可撤性咬合床
(マウスピース)を装用すると効果があります。

咬合異常を臨床症状の原因と断定して、歯の削合を行ったり、
冠など補綴物の固定を行うなどの非可逆的治療は避けるべきです。


症状が軽快しない場合には、生理的食塩水による関節腔洗浄療法が
選択されることもあります。

また関節円板転位・変形、変形性関節症など顎関節の器質的疾患が
存在する場合は、関節鏡視下手術、開放関節手術を行うことも
あります。



<顎関節症に気づいたらどうする>   
前記の症状がある時は、歯科医または口腔外科専門医に相談して
ください。



(執筆者:近藤壽郎)



http://health.goo.ne.jp/    


 

topimage0001

<1>「顎関節症

<2>「最近の関心事や知ったこと

<3>「顎関節症で自殺考えた元日テレアナ

<4>顎関節症とは

<5>美人病とは

<6>美人病にご注意を

<7>「顎関節症の症状

<8>「本当は怖いアゴの痛み

<9>「本当は怖い顔の歪み

<10>「顎関節症の徴候

<11>「顎関節の位置

<12>「関節円板

<13>「開口運動

<14>「顎関節症の原因

<15>「クリック(音)

<16>「クローズドロック

<17>娘さん 頬杖はいかんなあ

<18>「臨床的分類とその症状

<19>「日本顎関節学会の分類

<20>顎関節症の治療の流れ

<21>「顎関節症の西洋医薬治療

<22>「スプリント(マウスピース)治療

<22A>マウスピースの種類

<23>マッサージ療法

<24>「身体の使い方の修正

<25>「クローズドロック対策トレーニング

<26>「顎関節症の栄養医学療法

<27>「顎関節症の漢方治療

<28>「顎関節症も定期検診を

<29>「咀嚼筋 腱・腱膜過形成

<30>「子どもの顎関節症

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します