初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

top0005a

<100>最近の関心事や知ったこと − ティーンエイジャー歯科

[新年度に多い脳震とうで注意喚起 意識消失は9割以上でみられない]
(ミクスOnline  2015年4月17日)

脳震とうの主な症状は頭痛、めまい、ふらつき、
力が出ない、集中できない――などだが、
一般に知られる意識の消失は
脳震とうの9割以上ではみられないという。

https://www.mixonline.jp/Article/tabid/55/artid/51448/Default.aspx  

[「キャンディークラッシュ」で負傷者が! 手術するほど重傷]
(IRORIO  2015年04月17日)

報告例となったのは29才の米国人男性。
医師が診断したところ、長母指伸筋腱断裂と判明。
親指を伸ばす働きをする腱が切れており、
そのせいで親指が動かなくなっていた。
医師はその後、
回復させるために手術を行なわなければならなかったとのことだ。

http://irorio.jp/sophokles/20150417/222109/  

[栄養失調を患ったAKB48高橋みなみを襲うある病]
(アサ芸プラス   2015年3月13日)

高橋といえば昨秋、激ヤセと騒がれ
「栄養失調と診断された」とラジオ番組で告白。
「いまどきの日本で栄養失調?」
などと思う人もいるかもしれないが、
実は結構増えている。
なかでも話題になっているのが「新型栄養失調」だ。
これは体を維持する機能が低下し、
筋肉量が減って免疫機能が低下、
血管や臓器ももろくなるというもの。
主な原因はタンパク質不足だ。
70歳以上の人の5人に1人が該当し、
ダイエットを気にする若い女性にも患者が増えてきているという。

http://www.asagei.com/33804  

[虫歯は減ったのに増加中!子どもの「歯周病と脳力」の意外な関係]
(It Mama  2015年03月15日)

歯周病が増えた原因には、
意外ですが歯磨きの仕方よりも、
ファストフードなど柔らかくてあまり噛まなくていい食事や、
共働きが増え、食事を急いで食べることが多くなったという
要因の影響が大きいと考えられます。

http://news.ameba.jp/20150315-252/  

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

<1>ティーンエイジャー歯科

口腔・顔面

予防歯科

エラ張り顔

口呼吸

扁桃腺炎

鼻炎

上顎洞炎

8>「唾液過多症

独り言

受験

11食後低血糖

12近視

13風邪をひきやすい

14疲労

15>「色覚異常

16ドライアイ

部活動

21こむら返り

22>「肉離れ

23>「傷が治り難い

24>「筋力低下

25>「光線過敏症

26>「色黒

27>「ドーピング

31>「音楽性難聴

32>「電磁波過敏症

成長・姿勢

41>「成長痛

42>「猫背

43>「O脚

44>「外反母趾

45>「脊椎側湾症

学校生活

51>「爪がもろい

52>「夜尿症

53>「髪の毛が立つ

54>「にきび

55>「アトピー性皮膚炎

56>「立ちくらみ

57>「過換気症候群

58>「貧乏ゆすり

不登校

61>「不登校

62>「過眠症

63>「不眠症

女子生徒

81>「ダイエット体重との関係

82>「生理痛

その他

100最近の関心事や知ったこと