初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

top0005a

<52>夜尿症(夜間頻尿)

小児科や泌尿器科での治療の第1選択薬は、
抗利尿ホルモン(バソプレッシン)です。
体内で生産される尿量を減らすホルモンです。

宿泊研修や修学旅行対策として短期間服用することは有効ですが、
根本的解決にはなりません。

むしろ逆に、薬でホルモンを補うと、より体内で生産・分泌されなく
なってしまうことが多いのです。

<A>睡眠時無呼吸症(SAS)と夜尿症(おねしょ)

まずは、スリープクリニックにて、睡眠時無呼吸症の検査を
してもらうことをお勧めします。

睡眠時無呼吸症があると、利尿ホルモン(尿量を増やす)が
分泌されます。

睡眠時無呼吸症があると、気道がふさがった状態で呼吸しようと
します。
すると、
胸腔(ろっ骨と横隔膜に囲まれた空間)内の気圧が
下が
ります。
その結果、心臓がふくらみ、血液が心臓に流れ込みます。
心臓が「血液を減らしてくれー」と悲鳴を上げ、
量を増やす
利尿ホルモンを出します。
夜間の尿量が増えて、夜尿症(おねしょ)につながります。

<B>栄養医学療法と夜尿症(おねしょ)

睡眠時無呼吸症が無かった場合に、次ぎに考えるべきは、
栄養医学療法です。


栄養素の中で、夜尿症(おねしょ)と最も関係が深いのは
タンパク質です。

血漿浸透圧が減少すると、抗利尿ホルモン(バソプレッシン)の
分泌が抑制されて、尿量が増加します。
医師の国家試験や看護師の国家試験に定期的に出題される
重要な事項です。

血漿浸透圧を保つのに重要なのがタンパク質です。

その他の関連栄養素

糖質=炭水化物(低血糖/血糖調節障害)●●●●●●●●●●●●●●●●
タンパク質●●●●●●●●●●●●●●●
ビタミンB群●●●●●●●●●●●●
ビタミンD
●●●●●
鉄●●●●●●●●●●●
亜鉛
マグネシウム●
マンガン●●●●

栄養医学療法(サイト)

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

<1>ティーンエイジャー歯科

口腔・顔面

予防歯科

エラ張り顔

口呼吸

扁桃腺炎

鼻炎

上顎洞炎

8>「唾液過多症

独り言

受験

11食後低血糖

12近視

13風邪をひきやすい

14疲労

15>「色覚異常

16ドライアイ

部活動

21こむら返り

22>「肉離れ

23>「傷が治り難い

24>「筋力低下

25>「光線過敏症

26>「色黒

27>「ドーピング

31>「音楽性難聴

32>「電磁波過敏症

成長・姿勢

41>「成長痛

42>「猫背

43>「O脚

44>「外反母趾

45>「脊椎側湾症

学校生活

51>「爪がもろい

52>「夜尿症

53>「髪の毛が立つ

54>「にきび

55>「アトピー性皮膚炎

56>「立ちくらみ

57>「過換気症候群

58>「貧乏ゆすり

不登校

61>「不登校

62>「過眠症

63>「不眠症

女子生徒

81>「ダイエット体重との関係

82>「生理痛

その他

100最近の関心事や知ったこと