<3>慢性味覚障害(ゆっくり発症型味覚障害)

大学病院の統計によりますと

亜鉛欠乏性:35%
口腔疾患(カンジダ症やドライマウス口腔乾燥症など):26%
心因性:24%
他の疾患の合併症:5%
薬剤性:3%
その他:7%

その他には、
・歯科金属(ガルバニー電流など)
・クレンチング(噛みしめ/食いしばり)
・中枢性(脳卒中後遺症/パーキンソン病/腫瘍/アルツハイマーなど)
・騒音(駅弁や機内食は濃い味付け)
等があります。

味覚障害の改善率

大学病院の統計によりますと

口腔疾患:90%
亜鉛欠乏性:57%
薬剤性:33%
他の疾患の合併症:14%