初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

最近の関心事や知ったこと

[ベーチェット病の口腔潰瘍にアプレミラストが有効]
(ケアネット  2015年4月27日)

ベーチェット症候群の特徴的な病変である口腔潰瘍の治療に、
アプレミラスト(国内未承認
(ホスホジエステラーゼ4阻害剤)が有効であることが、
トルコ・イスタンブール大学の
Gulen Hatemi氏らの検討で明らかとなった。

https://www.carenet.com/news/journal/carenet/39844 

ベーチェット病と亜鉛欠乏との関係

ベーチェット病治療に
亜鉛投与が有効な場合があるとの報告があります。
逆に考えれば、
亜鉛欠乏が一部のベーチェット症状を引き起こしている
ことになります。

亜鉛の吸収は、
タンパク質やその他の栄養素によって大きな影響を受けます。
牛乳たんぱくは亜鉛の吸収を低下させます。
大豆タンパクは亜鉛の吸収を阻害します。
フィチン酸は亜鉛の吸収を著しく阻害します。
フィチン酸とカルシウムとの組合せは、
亜鉛の吸収をさらに著しく阻害します。

ベーチェット病はシルクロード沿いに多くて、
特に日本に多い疾患です。
大豆タンパクが多く、フィチン酸(玄米などの穀類)が多い
日本の食文化が関係しているかも知れません。

亜鉛は魚介類や牛肉に多く含まれます。
海から遠くて魚介類の摂取が少なく、
豆類やフィチン酸が多い地域に、
ベーチェット病が多いのかも知れません。

<再発性アフタ>

再発性アフタのうち、
家族発症性で、尚且つ若い女性の場合、
胃潰瘍治療薬が有効なことが多いそうです。

胃粘膜萎縮を引き起す原因が
再発性アフタの発症に関与している可能性があることになります。

topimage0001

Home>    
[口内炎(目次)     
                           更新日:2015年5月2日
                                   

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
当院未受診の方からの
電話での問い合わせには対応しておりません

Aphthous001

口内炎(目次)

急性期の口内炎治療

慢性期口内炎(再発性口内炎)

咬合(噛み合わせ)由来

両側性(部位不定)の口内炎

口内炎の種類

不正咬合が原因の口内炎

口内炎を起しやすい薬剤

消炎鎮痛剤

高血圧治療薬

高脂血症治療薬

リウマチ治療薬

抗うつ薬

抗がん剤

アフタ性口内炎

再発性アフタ性口内炎

口内炎の塗り薬

口内炎の漢方治療

口内炎の咬合療法

口内炎の栄養療法

ベーチェット病

がん治療に伴う口内炎(目次)

口唇炎(目次)

口角炎(目次)」

帯状疱疹(目次)」

口腔カンジダ症(目次)