初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

[耳・鼻・のど 読者編:2 家族旅行で息子の症状気づく]   


(朝日新聞  2010年5月19日)



<家族旅行で症状に気づいた>
現在中学1年の次男が睡眠時無呼吸症候群だと気づいたのは、2004年。
お正月の家族旅行がきっかけでした。

夜、ふと目覚め、布団をはいでいないか、と子どもたちを見ると、いつもは大きな次男のいびきが
聞こえず、呼吸が止まっていました。
1分近く止まって、ふーっと大きく息を吐く、という感じで、死んでしまうのではないか、
と不安になったほどでした。
いつもは離れた子ども部屋で寝ていることもあり、そうした異常には気づきませんでした。


正月明け、寝ている間に呼吸の様子を録音したテープを持って、病院に相談に行きました。

もともと大きい扁桃が気道をふさぎ、呼吸が止まっているとの説明でした。
当時は身長100センチで体重は16キロほど。
以前にも扁桃が大きいと言われたことはありましたが、まさか呼吸が止まるとは。

幼稚園を卒園した春休みに手術をしました。

小学校生活が始まると無呼吸状態はなくなり、睡眠が十分になったせいか、あっという間に
体重も増えました。


(東京都、田中弓子さん、41歳)



http://www.asahi.com/health/ikiru/TKY201005190215.html   
 

topimage0001

 Home>    
家族旅行で息子の症状気づく・・・睡眠時無呼吸症候群                 
 

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します