初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

『本当は怖い高血圧〜見えなかった異変〜』   


最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学


T・Yさん(女性)/52歳(当時)  専業主婦

専業主婦のT・Yさんは、すでに一人息子も独立し、今は夫と2人暮らし。
そんな彼女のもとに10年ぶりの同窓会の案内状が届きました。
ここ数年で体重が増え顔に余分な肉がついてきたことが気になるT・Yさんはこの機会にと
ダイエットを決意。
早速フィットネスジムに体験入会しますが、血圧を測ってみると以前より30も高くなって
いました。
これも太り過ぎが原因に違いないと思った彼女は、ダイエットに励み、以前より体調が
良くなったように感じていましたが、やがて、奇妙な異変が続きます。


<症状>
(1)高血圧
(2)いびき
(3)指輪が入らない
(4)顔が変わる



<病名>先端巨大症



<なぜ、高血圧から先端巨大症に?>
「先端巨大症」とは、何らかの原因で脳の下垂体という部分に腫瘍ができてしまい、
発育を促す成長ホルモンが過剰に分泌。
その結果、手足や内蔵、顔が肥大してしまう病気です。


この先端巨大症で、最もはっきり症状として現れるのが、顔の変化。
先端巨大症の患者の顔を昔のものと比較すると、明らかに顔のパーツが大きくなっています。

その特徴は主に4つ。
1つ目は、唇が厚くなること。
2つ目は、鼻が横に広がり、大きくなること。
3つ目は、額が突き出してくること。
そして4つ目の特徴は、下顎がせり出してくること。

しかし、この顔の変化は、およそ10年間かけてゆっくり進行するため、自分自身はおろか、
家族さえも気づくことが難しいのです。


そして病の異変は、顔だけに止まりません。それがあのイビキ。
過剰なホルモンがT・Yさんの舌を肥大させ、気道を圧迫したことで起こったのです。


さらに指輪が入らなかったのも、手のひらの皮膚や骨が厚くなったため。
そう、この病はその名の通り、体の先端から肥大化していくのです。


しかし、こうした外見の症状より恐れなければならないのは、血管の拡大。
全身の血管の厚みが増し、血液の通り道が極端に狭くなることで、血圧が高くなるのです。
T・Yさんの高血圧も、先端巨大症が原因でした。
これこそが、この病の最大の恐ろしさ。
彼女の血管の通り道は、異常に狭くなり、血栓ができやすい動脈硬化に陥っていたのです。

そして、自分の顔の変化にショックを受けたT・Yさんの血圧は、急上昇。
この時、すでに異常な動脈硬化を起こしていた血管が、ついに血栓で詰まり、心筋が壊死。
心筋梗塞を発症してしまったのです。



先端巨大症を放っておくと、死亡する危険性は普通の人の2倍以上、10年も寿命が短くなると
言われているのです。

「先端巨大症を早期発見するためには?」
(1)顔の変化に注意
(2)手や足が大きくなるなど、体のサイズの変化に注意
(3)こうした症状に加えて、もし高血圧になっていたら、迷わず病院で検診されることを
おすすめします。



http://asahi.co.jp/hospital/   
 

いびき症(目次)

「睡眠時無呼吸症候群の症状(目次)」

「睡眠時無呼吸症候群(目次)」

いびき症・睡眠時無呼吸目次

 Home>    
いびきからアクロメガリー先端巨大症                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します