初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

『本当は怖いいびき〜招かざる夜の悪魔〜』   


最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学


H・Kさん(女性)/33歳(発症当時)  主婦(パート勤務)

大恋愛の末、結婚した夫との間に1人娘をもうけ、幸せのまっただ中にいたH・Kさん。
かつてはスリムだった体も、今では幸せ太りにまっしぐら。
そんな中、待望の2人目の子どもを妊娠していることを知った彼女。
「あと7カ月もすれば、新しい家族に会える」と、喜びに溢れた日々を過ごしていました。
ところが、ある朝夫から、いびきがうるさくて眠れなかったという指摘を受けます。
お腹の赤ちゃんのためにも頑張ろうとしていたH・Kさんですが、さらなる異変に襲われます。


<症状>
(1)いびき
(2)居眠り
(3)流産



病名>睡眠時無呼吸症候群



<いびきから、なぜ流産に?>
「睡眠時無呼吸症候群」とは、眠っている間に何度も呼吸が止まることで、酸欠状態に陥る病。

実は今、この病があることの原因の1つとなっていることが、指摘されているのです。
それこそが・・・流産。
欧米では早くから問題視され、日本でも最近になってようやく、その因果関係が認められる
ようになりました。


実はH・Kさんの場合、寝ている時、1時間に50回以上息が止まっていました。
この時、彼女の肺は十分に酸素を取り込むことができず、4,000メートル級の山の頂上に
いるのと同じ酸欠状態、いわゆる「低酸素血症」に陥っていたのです。

その結果、思いもよらぬところに大きなダメージが!
それは・・・胎盤。
なんと酸素不足が原因で、胎盤の機能不全をもたらし、ついには流産に至ったと
考えられるのです。


ではなぜH・Kさんは、睡眠時無呼吸症候群になってしまったのでしょうか?
最大の原因は、「肥満」でした。
H・Kさんの首に付いた脂肪が、空気の通り道である気道を圧迫。
呼吸が止まり睡眠時無呼吸症候群を発症させていました。
あのいびきこそ、狭くなってしまった気道が発していた重要なサイン。
妊娠中の女性にとって、H・Kさんのような太り過ぎは、大きな危険因子となるのです。

そう、H・Kさん夫婦が、まずやらなければならなかったのは、病の存在を知り、
医師の指導のもとダイエットなどの治療を行うことでした。
太り過ぎに注意し、いびきや居眠りといった症状に十分気をつけていれば、流産のリスクを
減らすことができるのです。


現在、H・Kさんは、無理のないダイエットを続け、順調に回復。
第2子の誕生に向け、正しい体調管理を行っています。



http://asahi.co.jp/hospital/   

 

いびき症(目次)

「睡眠時無呼吸症候群の症状(目次)」

「睡眠時無呼吸症候群(目次)」

いびき症・睡眠時無呼吸目次

 Home>    
いびきから流産に                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します