初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

『本当は怖い肩こり〜肝っ玉母さんの悪夢〜』    


最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学


K・Tさん(女性)/44歳(当時)  主婦

忙しく子育てを始めた頃から太りだし、いつの間にか体重が92キロに達していたK・Tさん。
最近いつもの肩こりが特にひどくなって来ていました。
肩こりなんて病気じゃないと軽く考えていたK・Tさんですが、さらなる異変が襲います。



<症状>
(1)肩こり
(2)頭痛
(3)悪夢を見る
(4)胸に激痛



<病名>睡眠時無呼吸症候群が原因で心筋梗塞 



<なぜ、肩こりから睡眠時無呼吸症候群に?>
「睡眠時無呼吸症候群」とは、寝ている時に突然呼吸が止まってしまう病です。
一晩7時間の睡眠中に10秒以上の無呼吸数が30回以上起こるか、睡眠1時間あたりの無呼吸数が
5回以上の場合、この病気と考えられます。

K・Tさんがこの病に陥ってしまった最大の理由は「肥満」。
彼女は、空気の通り道である気道の周りにもたっぷりと脂肪がつき、さらに舌も太り、
大きくなっていました。
このような状態で仰向けになると、脂肪が重力で気道を塞ぎ、さらに太った舌も落ち込んで
しまうため、気道を圧迫。
睡眠中に呼吸が止まるという事が起こるのです。

K・Tさんが悩んでいた肩こり、頭痛、そして悪夢は、すべてこの病が原因でした。
無呼吸症が続くと全身に酸素が行き渡らず、肩の筋肉や脳が酸欠状態になり、結果、このような
症状が現れたのです。

この病気になると、深い眠りに入れないため、極度の睡眠不足に陥ります。
そのため決して寝ないような緊張状態でも、突然、眠ってしまうことがあるのです。
夕飯の調理中に起きた、天ぷら火災。
実はあの時K・Tさんは完全に眠っていたのです。

そして彼女の体の中では更なる恐ろしい事態が起こっていました。
それは「濃縮型血液」。
K・Tさんのような無呼吸症になると、慢性的な酸欠状態になり、体内では酸素をより多く
運ぼうと赤血球が増えるのです。
さらにもともと肥満だった彼女は、動脈硬化が進行し、徐々に血管が細くなっていました。
つまり血液の濃縮と動脈硬化が同時に進行してしまったのです。
これこそがこの病の最も恐ろしいところ。
その結果、赤血球が血管の盛り上がった部分に付着していき、日に日に血栓が大きくなって
いったのです。

そして最後の瞬間。
ついに心臓の冠状動脈が血栓で塞がれ、血流がストップ。
心臓の筋肉が活動を停止。
K・Tさんは帰らぬ人となってしまったのです。

睡眠時無呼吸症候群の患者が、心筋梗塞などの心疾患になる確率は、普通の人と比べると
1.5倍から3倍。

現在、睡眠時無呼吸症候群を治療中の患者は、およそ5万人。
しかし潜在的には200万人とも300万人とも言われているのです。



http://asahi.co.jp/hospital/   



 

 Home>    
睡眠時無呼吸症候群が原因で心筋梗塞                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します