初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

[睡眠時無呼吸が脳を消耗させ、脳卒中リスク高める]    


(HealthDayJapan  2009年1月15日)



睡眠時無呼吸患者では、脳内の血圧や血流が増減を繰り返すため、睡眠中に脳卒中や死亡が
起こりやすいことが、新しい研究によって示された。

米エール大学医学部(コネチカット州)の今回の研究では、閉塞型睡眠時無呼吸(OSA)により、
エピソード(症状発現)時に、脳への血流が減少することが判明。

症状が発生すると、臓器の血圧が上昇する。
これが繰り返されると、最終的に、そのような状態での脳自身の保護能力も低下してしまうという。


米国では1,800万人以上が睡眠時無呼吸と診断されている。
睡眠時無呼吸は、気道上部が閉塞するために呼吸が妨げられたり、止まったりする状態。
この状態では血中酸素レベルが低下し、血圧が上昇するが、目を覚ますと元に戻る。
このサイクルが夜間に繰り返される。


同チームは初期研究で、睡眠時無呼吸患者は、呼吸障害のない同様の健康状態の人に比べて、
脳卒中や死亡の発症率が3倍高いことを明かにしている。


今回は、睡眠時無呼吸患者はそうでない人に比べて、睡眠中の脳血流速度が遅く、血中酸素量が
著しく少ないことが判明。
また、血圧低下が回復し、脳への血流が正常な状態に戻るまでの時間が長かった。
研究者らは、これは脳が必要に応じて血流を調節する脳の自己調節機能(オートレギュレーション)
の問題であるという。


研究結果は、医学誌「Journal of Applied Physiology(応用生理学)」2008年12月号に掲載された。



http://www.healthdayjapan.com/  
 

 Home>    
睡眠時無呼吸が脳を消耗させ、脳卒中リスク高める                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します