初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

[口にはめて いびきストップ]    


読売新聞  2008年8月29日)(元・東京医科歯科大学教授のエッセイ)



年に1、2回、仲間と一緒に泊まりがけの旅をすることがある。
久しぶりに仕事を忘れて行く旅ほど楽しいものはない。
温泉につかり、宴会では飲んで騒いで、やがてそれは2次会、3次会へと果てしなく続く。

夜も更け、さすがに遊び疲れたか、三々五々眠りにつく。
こういう旅の場合、多くは数人で相部屋となるが、ここで運が悪いととんでもない悲劇が起こる。
そう、仲間のいびきである。
ライオンの咆哮(ほうこう)もかくありなんと思えるほどの凄まじさ。
ゴーッと行ったかと思えば、クーッと音が帰って来る。
その繰り返しが、しばらく続いたかと思うと、ピタッと止まる。
やれやれと思ったのも束の間、またまたゴーッから始まる。
あーあ、これで今夜も眠れないか。
もちろん、当の本人は気が付いていないから、「ああよく寝た。爽さわやかな朝だ」なんて、
張り倒してやりたい程のセリフをはく。



いびきは、鼻や口から吸い込む空気が喉に至る通り道(上気道という)のどこかが、
さまざまな理由で狭くなったときに発生する。
狭くなった上気道を空気が無理に通るから、粘膜が振動して音を発生する。
笛と同じ原理だという。

気道が狭くなるのは
  ・肥満
  ・大きな舌
  ・鼻づまり
  ・扁桃肥大などが
ある人に起こりやすい。

そうでない人でも、お酒を飲んだ後、睡眠薬、鎮静薬を服用した時、口を開けて寝る、ス
トレスがたまっているときなどに起こる。

いびきは他人に迷惑をかけるだけではなく、当人も、空気を十分に吸い込めないため、
体内は酸素不足になり、脳の働きにも関係する。


さらに重大なのは、「睡眠時無呼吸症候群」である。
気道が狭くなって、ついには空気の流れがストップしてしまう。
大きないびきが、急に静かになるときがあるが、実は呼吸が停止しているのである。
そのため夜間に十分な睡眠が取れず、昼間に猛烈な睡魔にとらわれてしまう。
電車やトラックの運転手が運転中に寝てしまい、大きな事故になってしまったことは
幾度となくニュースで報じられた。


いびきや無呼吸症候群の強い味方になってくれるのが「スリープスプリント」という治療器具だ。
ボクサーがはめるマウスピースに似た形態で、口にはめているだけで上気道が確保され、
空気の流れがスムーズになる。
もちろん最初はお医者さんの診断が必要だが、その指示のもとに歯科医院で製作することが出来る。
作るのも比較的簡単だし、軽くて小さいから持ち運びが便利である。


さあ、いつまでも1人で悩んでいないで、相談したらいかがですか?



http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/karadaessay/20080829-OYT8T00390.htm?from=os2   
 

 Home>    
スリープスプリント:口にはめて 睡眠時無呼吸症候群ストップ                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します