初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

snoring001

[睡眠時無呼吸症候群]    

(Wikipedia)


睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、睡眠時に呼吸停止または低呼吸になる病気である。


「無呼吸・低呼吸指数」(apnea hypopnea index:AHI)が5以上かつ日中の過眠などの症候を
伴うときを睡眠時無呼吸症候群とする定義が多い。
(米国睡眠医学会の提唱する基準より)

無呼吸 :口、鼻の気流が10秒以上停止すること。
低呼吸 :10秒以上換気量が50%以上低下すること。
無呼吸・低呼吸指数 11時間あたりの無呼吸と低呼吸を合わせたもの。


なお、この定義には当てはまらないものの低呼吸状態を繰り返して不眠を訴える場合があり、
その場合も睡眠時無呼吸症候群と同様、患者のいびきや歯ぎしりがひどい場合が多いため
「いびき・歯ぎしり不眠症」と呼ばれる。



<分類>
睡眠時無呼吸症候群は、次の3種類がある。
ほとんどは閉塞型で中枢型は少ない。

(1)閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)
     上気道の閉塞によるもので呼吸運動はある。
     肥満者は非肥満者の3倍以上のリスクがあるとされる。
     また、顎が小さい骨格であるほど発症のリスクも高い。

(2)中枢性睡眠時無呼吸症候群
     呼吸中枢の障害により呼吸運動が消失するもの。

(3)混合性睡眠時無呼吸症候群
     閉塞型と中枢型の混合したもの。

 Home>    
睡眠時無呼吸症候群とは                 
 

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します