初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

予防歯科

最近の関心事や知ったこと

虫歯の発生機序と予防法

中学・高校の親友の虫歯

歯科医師も虫歯で悩む

1冊の本との出会い

学校給食と虫歯

部活と虫歯

妊娠・出産と虫歯

噛み合わせと虫歯

栄養素不足と咬合負荷のダブルパンチ

歯周病の発生機序と予防法

歯槽骨のターンオーバー

顎骨・歯槽骨とマグネシウム

歯肉出血から骨粗鬆症に

妊娠性歯肉炎の発症機序

予防・歯磨き編

虫歯治療

歯周病治療

 Home>      
予防歯科    
                           更新日:2015年7月20日
                                  

topimage0001
habirashi_gcinfo2 のコピー

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
治療項目別サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (症状別サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

早期発見早期治療

やはり早期発見早期治療が重要です。

初期虫歯は再石灰化するかも知れないので
治療しないで様子をみた方が良いという考え方もあります。

しかし、
再石灰化するのであれば、
あるいは再石灰化する人であれば、
初期虫歯になる前に再石灰化しているので、
初期虫歯にもなりません。

再石灰化しない人や再石灰化しない歯が
初期虫歯から、本格的虫歯へ進行して行くのです。

予防歯科とは

歯は常に移動しています。
噛み合わせ(咬合)は日々変化しています。
歯は縦方向にも横方向にもすり減って磨耗します。
頬杖や横向き寝などの態癖(生活悪習癖)によって
歯並びは変化します。
栄養障害(栄養素不足)によっても
歯並びは変化します。


ある歯だけ強く接触するようになると、
歯の質が弱ければ虫歯になります。
歯が丈夫だと歯周病が進行します。
歯も歯周病組織も丈夫だと、
歯がすり減って咬耗するか、顎関節症になります。

歯の動揺度(動き具合)などの歯周組織検査をすると、
これらの徴候がわかってきます。


もちろん、歯石除去も重要です。

全身疾患と予防歯科

口腔顔面領域には
全身疾患のサインが現れることが少なくありません。
サインが出ていても、
それが回復傾向にあるのか、逆に悪化傾向にあるのかは、
1クールの診療中にはわかりません。

定期検診に来て頂くことによって、
全身疾患のサインをお知らせできるのです。

全身疾患のサインが急速に悪化する場合は、
大病を発症する危険性が高くなります。

2014年は、
脳卒中2名、心筋梗塞1名のサインをお知らせできました。
いずれの患者さんも発症前に対策を取っていたために、
ほとんど後遺症が残りませんでした。

[毎日の歯磨きが、心臓発作と脳卒中の予防になる]
(IRORIO  2013年11月11日)

歯磨きが心臓発作や脳卒中を予防するとは意外だが、
理由は口の中が不潔だったり歯肉から出血すると、
血管内に700種類もの細菌が侵入してしまうためだそうだ。

http://irorio.jp/sousuke/20131111/87192/