初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

<15>アタッチメントロス(歯周病の進行度)

<A>歯肉退縮

歯肉退縮の原因は、「動揺度」と同じように
  ・歯周病の進行
  ・「歯ぎしり」や「片側噛み」による咬合負担
  ・「異常嚥下癖」による負担
などです。

歯肉後退歯肉退縮対応

歯肉の炎症が強い場合には、歯肉退縮にひるまずに
磨かないと再発(後戻り)悪化します。

歯の外側だけ歯肉退縮した場合には、磨き過ぎか、
磨き方が悪いので要チェックです。

歯の全周に渡って歯肉退縮した場合には、回復のサインの
ことが多いです。

但し、歯ぎしりや食いしばりに伴う歯肉退縮は別問題です。
歯ぎしりや食いしばりが続く限り、歯肉退縮は悪化します。

<B>歯周ポケット

歯と歯肉との境目の溝を「歯肉溝(しにくこう)」といいます。
歯と歯肉との間にはわずかな隙間があります。
0.5〜1.0mmの深さまでが正常で、正常な状態を「歯肉溝」と
呼びます。

歯肉の形態は常に変化しているため、誤差の範囲である
mm以下の浅い溝までを正常として扱うのが一般的です。

mmを超えると病的な状態として扱い「歯周ポケット」と
呼び名がかわります。
現在の炎症の進行状況をあらわしています。

<C>アタッチメントロス

<A>歯肉退縮と<B>歯周ポケットとを合算したのが
<C>アタッチメントロス
です。
今までのトータルの歯周病の進行結果をあらわします。

歯肉退縮が0mm、歯周ポケットが7mmで、歯肉が
ブヨブヨの人のアタッチメントロス
7mmです。

歯周病治療が終了して、歯磨き状態の良い人の状態が、
歯肉退縮が5mm、歯周ポケットが2mm、
アタッチメントロスは7mmです。
現時点での両者のトータル歯周病進行状況はほぼ一緒です。

前者の治療が進んだ場合、歯肉退縮が0mmのままで、
歯周ポケットが2mmに改善し、アタッチメントロス

mmに
なることも、稀にはあります。
あるいは、歯周ポケットが2mmに改善したものの、
歯肉退縮が4mm
になり、アタッチメントロスが6mmで、
アタッチメントロス
で1mmの改善に留まることもあります。
それは、歯槽骨など歯周組織の状態にもよります。

これが、「歯周病は治りますか?」の回答です。

歯周病は治りますか?

歯槽骨は健全で歯肉だけが腫れているのか、歯肉の腫れは
それ程でもないけれど歯槽骨はダメージを受けているのかに
よります。

前者が治療せずに放置したら、歯周ポケットは7mmから
8・9・10・・・と悪化する可能性が高く、後者は
歯ぎしりや栄養医学療法の対策も合わせて行えば、
アタッチメントロス7mmを維持できる可能性が高くなります。

Perio008
P207
topimage0001

<1>「辺縁性歯周炎の原因と対策

<2>「喫煙

<3>「力の側面(咬合力)

<4>「態癖(生活悪習癖)

<5>「感染の側面(歯周病原因菌)

<6>全身的要因

>「歯周病が前癌状態

<8>「歯周病予防

<9>「最近の関心事や知ったこと

<10>特殊な歯周病

<11>「薬剤性の歯肉炎

<12>歯周病と全身疾患との関係

<13>「鑑別疾患

<14>「歯周病検査=歯周組織検査

<15>「アタッチメントロス

<16>「歯肉出血時の手当て

<17歯槽骨・顎骨の話

top3002perio

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
治療項目別サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (症状別サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します