初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

13鑑別疾患 − 歯周病

天疱瘡/類天疱瘡
・口唇ヘルペス(単純疱疹)
・白血病
・HIV/AIDS
・歯肉癌

天疱瘡/類天疱瘡

天疱瘡/類天疱瘡の再発予防に最も関連している栄養素は
亜鉛です。

血液検査] 保険治療

血清亜鉛
・抗デスモグレイン1 IgG抗体(抗表皮細胞間抗体)
・抗デスモグレイン3 IgG抗体(抗表皮細胞間抗体)

尋常性天疱瘡の原因に関係が? 糞線虫、ピロリ菌の感染」(MEDLEY)

口唇ヘルペス(単純疱疹)

[ヘルペスウイルスは宿主を見限る]

多くのウイルスは宿主(ヒトの体内)で増殖し、宿主を
弱らせ、増殖が大成功すれば宿主を殺します。

野生動物であれば、死体を別の動物が摂取するので、
ウイルスは次の動物で増殖するチャンスはああります。
次の動物に移動した多くのウイルスは次の宿主の消化器系
免疫力によって排除されるでしょうが、生き残るチャンスが
無くはありません。

しかし、宿主がヒトの場合はほとんどが火葬されるため、
ウイルスは死滅します。

一方、「ヘルペスウイルス科」のウイルスは、宿主の体力が
低下すると宿主を見限って、もっと元気そうな宿主を
探すために脱出しようとする性質があるそうです。

その典型例が「口唇ヘルペス」だったり「難治性口内炎」、
「帯状疱疹」だったりします。
チャンスがあれば水泡が破れて、より体力のある宿主に
乗り換えられればラッキーだと思っています。

口唇ヘルペスができたり口内炎が治らない場合には、
体力が低下しているサインなので要注意です。
大きな病気をしていないのに体力が低下する主な原因は、
「栄養障害」だと思います。

その他に病気が隠れている可能性もありますので、
心配な場合には大きな病院で検査を受けた方が良いでしょう。

その後、「栄養医学的アプローチ」を行うのが良いと
思います。

[参考]疲労学セミナー

山田毅著「病原体とヒトのバトル」によれば、単純ヘルペス
1型は多発性硬化症と関係している可能性が高いそうです。
また、単純ヘルペス1型に胎児(妊娠中)期に感染すると
アルツハイマーになりやすい可能性があるようです。

単純ヘルペス2型に胎児(妊娠中)期に感染すると
統合失調症になりやすい可能性があるそうです。

本当は怖い頭痛〜ヘルペス脳炎」(本当は怖い家庭の医学)

「栄養医学療法」(サイト)

白血病

歯茎から出血・・・急性前骨髄球性白血病」(本当は怖い家庭の医学)

歯肉癌(歯肉がん)

本当は怖い歯茎の出血〜歯肉癌本当は怖い家庭の医学)

歯茎がしみる/舌がピリピリする・・・口腔底癌」(本当は怖い家庭の医学)

P207
topimage0001

<1>「辺縁性歯周炎の原因と対策

<2>「喫煙

<3>「力の側面(咬合力)

<4>「態癖(生活悪習癖)

<5>「感染の側面(歯周病原因菌)

<6>全身的要因

>「歯周病が前癌状態

<8>「歯周病予防

<9>「最近の関心事や知ったこと

<10>特殊な歯周病

<11>「薬剤性の歯肉炎

<12>歯周病と全身疾患との関係

<13>「鑑別疾患

<14>「歯周病検査=歯周組織検査

<15>「アタッチメントロス

<16>「歯肉出血時の手当て

<17歯槽骨・顎骨の話

top3002perio

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
治療項目別サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (症状別サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します