初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

topimage0001

Home栄養医学     
は風邪をひかない〜ビタミンCの話〜     
                                   

food004

は風邪をひかない〜ビタミンCの話〜

屋外で飼っている犬は、
風雨や寒暖にさらされながらも
風邪をひきませんし、病気にもかかりません。

一方、人は
風雨をしのげて、冷暖房完備で、布団まで使っても
風邪をひき、病気になります。

この違いの最大の要因は
ビタミンCを体内で作れるかどうかの差です。



イヌのデータではありませんが、
ヒトと同じ体重のヤギは
1日当たり14gのビタミンCを
体内で作っています。

人の栄養所要量
すなわちただちちに健康に重大な影響を与えるものではありません」という必要最低量は
1日当たり100mg=0.1gです。

動物実験用のサルの餌には
1日当たり
5gのビタミンCを入れているといいます。
ニホンザルの体重を10kg、ヒトの体重を60kgとすると
ヒトでは30gのビタミンCが必要な計算になります。



ビタミンCの主な作用は「抗酸化ストレス」作用です。

ヒトには「抗酸化ストレス」システムとして
ビタミンC以外に
尿酸があります。
酸化ストレスが増加して、
尚且つビタミンCその他の抗酸化物質の摂取が不足すると
尿酸が頑張って増えて、そして痛風を発症します。

ヒトには尿酸システムがあるので、
1日当たり30gものビタミンCは必要ないと思いますが、
数g〜10g程度のビタミンCは必要となります。


もちろん、個人個人によってビタミンCの要求量・必要量が異なりますので、
風邪をひかなくなる量が目安になると思います。


イヌやヤギは要求量・必要量が少ない時には少量を生成し、
要求量・必要量が多い時には大量を生成できます。


残念ながらヒトは外部から摂取しなければなりませんので、
痛風にならない(高尿酸血症)にならないビタミンC量
というのも1つの目安です。

文明と犬との関係〜ビタミンCの話〜

ただちちに健康に重大な影響を与えるものではありません」という必要最低量と
あなたにとっての最適な栄養素量とは
全く異なる

栄養医学療法目次

item3

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します