初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

PHM06_0019 のコピー

 Home>     
口腔カンジダ症
(目次)        
                                更新日:2015年4月24日

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

最近の関心事や知ったこと

[鉄分不足で体にカビが生える!?]
(WooRis  2015年4月13日)

普通の状態では、体のカビなどは白血球が退治してくれますが、
鉄分不足になるとそれがうまくいかずに、体にカビが生えたり、
そのカビが肺に入って肺炎を起こしたりもします。
また、味覚が変わる人もいて、
氷をバリバリ食べたり、
ひどい人では絵の具や土を口にしたりすることも。
ツメがもろくなることも、鉄分不足のサインですよ。

http://news.biglobe.ne.jp/trend/0413/wor_150413_6994913697.html 

バーニングマウス症候群(口腔灼熱感)と口腔カンジダ症

バーニングマウス症候群(口腔灼熱感)では、
高頻度でカンジダ菌が検出されます。

また、
バーニングマウス症候群(口腔灼熱感)では、
高頻度でドライマウス口腔乾燥症を合併します。

<川崎病とカンジダ菌との関係>

[川崎病、中国からの風が関与か・・・原因物質運ぶ?]

(読売新聞  2014年5月20日)

子どもの病気「川崎病」は、
中国北東部から日本へ吹き込んだ風が運ぶ物質が
関与している可能性がある、との報告を、
日米欧の研究チームがまとめた。
原因究明の手がかりとなる成果で、
米科学アカデミー紀要電子版に20日掲載される。

川崎病は全身の血管に炎症が起こる病気で、
高熱や発疹を引き起こし、
心臓に障害が残ることもある。
1967年に川崎富作博士が報告した。
日本では現在、年間約1万4000人が発症し、
季節により患者数が変動する。

研究チームは、
1970~2010年の日本の川崎病調査のデータを活用、
発症日と気流との関係を調べた。
その結果、過去3回の流行期では
中国北東部からの風が強く吹き込んでいたことがわかった。

流行期にこの風が運んできた微粒子を分析したところ、
マウスの実験で川崎病との関連が指摘されている
カビのカンジダ菌などが含まれていた。

研究チームの中村好一・自治医大教授(公衆衛生学)は
「この風が通過する韓国では同時期の流行はない。
川崎病には複数の原因物質があり、
人種によって反応のしやすさが違うのかもしれない」
と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140520-00050008-yom-sci

<紅斑性カンジダ症の増加>

舌痛症の一因である
カンジダ症には
・偽膜性カンジダ症(多い)
・肥厚性カンジダ症(極めて稀)
・紅斑性カンジダ症(少ない)
に大別されます。


この中で、
紅斑性カンジダ症が増えてきているそうです。

紅斑性カンジダ症は、
・鉄欠乏に伴う舌痛症
・葉酸欠乏に伴う舌痛症
・ビタミンB12欠乏に伴う舌痛症
と見た目が似ているため、
見逃さないように
しっかり検査をすることが重要になってきています。

口腔カンジダ症(目次)

口腔カンジダ関連症状

口腔カンジダ症とは

偽膜性カンジダ

肥厚性カンジダ

口腔カンジダ症の検査

口腔カンジダ症の治療法

口腔カンジダ症用の抗真菌薬

カンジダ症に伴う舌痛症

カンジダ症に伴う口角炎

「がん治療に伴うカンジダ症」

消化管カンジダ症(目次)