初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

occulusion001

 Home咬合・噛み合わせ>     
噛めない子 
                                
                                        

topimage0001

噛めない子

象の子どもでも馬の子どもでも
生まれてすぐに自分の足で立ち上がります。
哺乳類、特に草食動物にとっては
自分の足で立ち上がれるのが0歳です。

ヒトが自分の足で立てるようになるのは1歳で、
これが哺乳類の0歳に相当します。

哺乳類はその名の通り
自分の足で立ち上がってからしばらくは母乳で育ちます。

ヒトも1歳半〜3歳までは母乳で育つのが本来の姿です。


それを生後4〜5か月(哺乳類換算ではマイナス5か月)から
離乳食を開始し、
どんどん普通食に近づけてしまうので、
咀嚼嚥下機能とマッチしません。

正しい時期に正しい咀嚼嚥下機能を学習できないので、
子どもは丸飲みするしかありません。

丸飲みする習慣があるので、
当然窒息しやすくなります。

正しい時期に正しい咀嚼嚥下機能を学習できないので、
子どもは舌の動きが悪くなり、
結果として小さな歯列になり
歯並びが悪くなる可能性が高くなります。

子どもが3歳〜4歳になるまで
母乳だけで育てましょうという
「完全母乳育児法」を推奨している訳ではありません。

現代の母親は
多かれ少なかれ栄養障害(栄養素不足)ですので、
母乳だけで育てると
子どもが重度の栄養失調になる危険性があります。

重度栄養失調の子どもが
救急搬送されることが増えているそうです。

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

咬合(噛み合わせ)目次

顎咬合機能障害の症状

咬合は全身の不調を現す鏡

顔が変形しやすい理由

美人度と咬合との関係

顔の左右非対称

アンチエイジングと咬合

八重歯のお婆ちゃんは稀

虫歯と咬合との関係

前歯に虫歯がある

噛み癖(咀嚼側)

酸蝕と咬合との関係

歯周病と咬合との関係

入れ歯と咬合との関係

インプラントと咬合との関係

歯ぎしりと咬合との関係

知覚過敏と咬合との関係

顎関節症と咬合との関係

歯列矯正治療と咬合との関係

歯列は口唇圧と舌圧との中間に並ぶ

原因不明の耳鳴・難聴・眩暈

噛めない子

顎変形症と咬合との関係

脊椎側湾症と咬合との関係

舌痛症と咬合との関係

頭痛と咬合との関係

首の痛み(頚部痛)と咬合

腕手のしびれや痛み

背中の痛みと咬合との関係

腰痛と咬合との関係

いびき・睡眠時無呼吸症候群

味覚障害と咬合との関係

ドライマウス口腔乾燥症

唾液過多症と咬合

予防歯科と咬合との関係

栄養医学と咬合との関係

歯槽骨の新陳代謝サイクル

痛がりと咬合との関係

嘔吐反射(異常絞扼反射)

咬合高径がすぎる場合の症状

咬合高径がすぎる場合の症状

咬合の診断と治療

噛むことの意味と意義

咬合疾患の症例(目次)

不正咬合が原因だった狭心症

咬合不調と肩こり(1)

咬合が原因だった片頭痛症例

金属アレルギー(目次)

ガルバニー電流(目次)

咬合 FQA問い合わせ)