<301>最近の関心事や知ったこと(小児歯科)

[口蓋裂児とアデノイド(咽頭扁桃肥大)]

口蓋裂児の嚥下機能の未熟さを
アデノイド(咽頭扁桃肥大)が補っていることが多いそうです。
口蓋裂の手術、その後の機能訓練を待たずに、
アデノイド切除手術を受けてしまうと、
嚥下機能や発音機能が改善しにくくなってしまうことが
あるそうです。

(横山歯科医院)

[子どもの誤飲事故:薬が最多]
(NHKニュース  2015年5月5日)

子どもが薬やたばこなどを誤って飲み込み
病院で手当てを受けた事故は、
去年3月までの1年間に全国で530件余り起き、
飲み込んだ異物は薬が最も多かったことが
厚生労働省のまとめで分かりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150505/k10010070111000.html 

[子どもの歯の「仕上げ磨き」はいつまでするべき?]
(ママスタセレクト  2015年05月10日)

「小学校卒業くらいまでは仕上げ磨きを!」と
考える歯科医師が多いようですね。
虫歯になる前の予防ケアがもっとも大事です。
子どもとのコミュニケーションだと思って
サポートしてあげましょう。

http://news.ameba.jp/20150510-221/  

[味覚障害の子どもは31%]
(アメーバニュース  2015年5月7日)

東京医科歯科大学の研究グループが、
小学1年生から中学3年生の子どもたち349人を対象に行った、
酸味・塩味・甘味・苦味の4つの味覚認識の調査によると、
全体の21%の子どもが酸味を認識できなかったそうです。
また、塩味は14%、甘味と苦味については6%の子どもが、
わからないと回答しています。

http://news.ameba.jp/20150507-742/  

[「食後すぐの歯みがきは歯を溶かす」に日本小児歯科学会がNO]
(ORORIO  2015年04月28日)

実験の環境と実際の虫歯メカニズムは違う。
酸性炭酸飲料に歯の象牙質の試験片を90秒間浸した後、
口の中にもどして
その後の歯みがき開始時間の違いによる酸の浸透を調べた論文で、
むし歯とは異なる「酸蝕症」の実験による見解なのです。
一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。

http://irorio.jp/takeiwa/20150428/225468/ 

[漂白剤を使っていると扁桃腺に繰り返しかかる子が増える]
(Medエッジ  2015年4月23日)

漂白剤はスペインでは一般的に使用されており(72%)、
ィンランドではまれにしか使用されていなかった(7%)。

http://www.mededge.jp/a/cold/12071 

[ソフトドリンクに鉄分を足すと歯が溶けない]
(Medエッジ  2015年4月15日)

炭酸の入ったようなソフトドリンクに
低濃度の鉄分を補充すると、歯が溶けなくなるようだ。
試験管内の実験が確認されている。

http://www.mededge.jp/a/eeee/11639  

[父親の介護体験で口腔ケア用品開発 横浜のベンチャー企業経営者]
(東京新聞  2015年4月14日)

父親の介護体験から、
高齢者が飲み込んでも無害な口腔(こうくう)ケア用品を開発。
天然成分で、
飲み込んでも誤嚥性肺炎などを引き起こす心配が少ない。
「飲み込むと有害な合成殺菌剤などと同レベルの殺菌作用で、
飲み込める口腔ケア剤は世界初」と手島さんは話す。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20150414/CK2015041402000151.html 

[原因は食事かも! 落ち着きのない我が子に摂らせたいミネラル]
(Wooris  2015年2月2日)

子どもが落ち着かないのは、ミネラル不足が原因。
白砂糖や添加物を摂ると、
それらを消化する際に体内のミネラルをたくさん使ってしまうため、
さらに不足してしまいます。

http://wooris.jp/archives/119568  

[虫歯は減ったのに増加中!子どもの「歯周病と脳力」の意外な関係]
(It Mama  2015年03月15日)

歯周病が増えた原因には、
意外ですが歯磨きの仕方よりも、
ファストフードなど柔らかくてあまり噛まなくていい食事や、
共働きが増え、食事を急いで食べることが多くなったという
要因の影響が大きいと考えられます。

http://news.ameba.jp/20150315-252/  

[パック型の液体洗剤に唾液がつくと、弱い力で洗剤が漏れ出す]
(日テレNEWS24  2015年3月18日)

回使い切りタイプのパック型の洗濯用液体洗剤が
誤って口や目に入ってしまうケースが
数多く寄せられているとして、
消費者庁と国民生活センターが注意を呼びかけた。
国民生活センターが行った実験映像には、
パック型の液体洗剤に唾液を想定した水を垂らすと、
豆腐がつぶれる程度の弱い力を加えたたけで
中の洗剤が漏れ出る様子が映っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/9904495/  

初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

topimage0001

口腔・咽喉(のど)

<1>小児(乳歯)の虫歯治療

小児の予防歯科

歯の生える順番

小児の酸蝕歯

エナメル質形成不全症

ランパントカリエス

萌出遅延

過剰歯

9>「中心結節

10リガフェーデ病

21小児の歯肉炎

22ガミースマイル

31小児の歯ぎしり

41小児の顎関節症

51>「小児の口臭症

61口呼吸

62扁桃腺炎

63>「鼻炎

64>「上顎洞炎

66>「ぜんそく(小児喘息)

71>「唾液過多症

81>「歯並び

82>「咬合育成

83>「乳歯の反対咬合

84>「ムーシールド治療

85>「小帯異常

86>「指しゃぶり

87>「爪噛み

91>「口唇口蓋裂

95>「偏食(好き嫌い)

99>「どもり(吃音)

頭部顔面

101>「斜頭

102>「斜頚

103>「髪の毛が立つ

111>「近視

112>「遠視」

113>「横目症候群」

114>「斜視」

121>「中耳炎

122>「耳垢

125>「鼻血

睡眠

131>「うつ伏せ寝

135>「寝言

136>「悪夢

137>「夜泣き・夜驚症

139>「夜尿症(おねしょ)

姿勢・運動

141>「小児の猫背

142>「側湾症

143>「立ちくらみ

145>「O脚(がに股)

146>「扁平足

147>「小児の足痛

151>「低身長

152>「高身長

その他

161>「けいれん(痙攣)

162>「てんかん(癲癇)

171>「アトピー性皮膚炎

181>「虫垂炎(盲腸)

191>「小児の疲労

201>「チック

211>「手や指が不器用

212>「運動失調(協調運動障害)

221>「ADHD(多動)

226>「自閉症/アスペルガー

231>「発達が遅い

232>「ふらつき(物にぶつかる)

233>「笑い(突然笑い出す)

241>「生活習慣チェックリスト

301最近の関心事や知ったこと

T4K09F

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します