唾液分泌量測定

[安静時唾液と刺激時唾液] 

安静時唾液は、文字通り何もしていない安静時の唾液分泌量です
ので、ドライマウス口腔乾燥症や唾液過多症などの症状に関連して
います。

刺激時唾液は、食事中の唾液分泌量に関連しています。
ドライマウス口腔乾燥症や唾液過多症の患者さんの多くは、
食事時の症状や不便さを訴えることは少ないので、測定する
必要性はあまり高くありません。
もちろん、ドライマウス口腔乾燥症で口の中がパサついてパンが
食べにくい場合には重要な検査項目になります。





安静時唾液の測定] 

座ったまま咀嚼せず安静な状態で、自然に流出する唾液をコップ
採取します。
メスシリンダーや計量スプーン等で唾液量を計測します。

15分間計測の場合、平均値は8cc。
標準偏差による基準値は3cc〜12cc。
ドライマウスを自覚していない青年での実験では、0.8cc〜25ccの
大きなばらつきがあるといいます。但し、6cc以下だとドライマウス
口腔乾燥症や唾液過多症などの症状を訴えることが多くなります。

ちなみに、私(院長横山)は18〜25ccですが、日常生活に支障は
ありません。
つまり、唾液過多症だとは思っていません。


唾液腺における安静時の分泌量割合は、
  ・耳下腺:20%
  ・顎下腺:65%
  ・舌下腺:8%
  ・小唾液腺:7%


安静時唾液分泌量がそこそこ確保されているのに、ドライマウス
口腔乾燥症を訴える人がいます。
このケースでは小唾液腺からの分泌量が減少していることが多いとの
研究報告が2010年以降に出てきました。





刺激時唾液ガムテスト 

無味無臭のガムを噛みながら10分間唾液をコップ等に採取します。
メスシリンダーや計量スプーン等で唾液量を計測します。

15分間計測の場合、平均値は23cc。
標準偏差による基準値は15cc〜30cc。
ドライマウスを自覚していない青年での実験では、
7.7cc〜40cc
大きなばらつきがあるといいます。

但し、12cc以下だとパサついた食物を避けるようになり、8cc以下
だと水やお茶、ジュース等で流し込むようになります。

ちなみに、私(院長横山)は35〜45ccですが、日常生活に支障は
ありません。
つまり、唾液過多症だとは思っていません。





当院での唾液分泌量測定] 

自費治療です。
項目につき4,000円+消費税
項目
とは、
  ・安静時唾液
  ・刺激時唾液

唾液過多症 

唾液分泌量測定 

唾液分泌のしくみ 

唾液の役割 



ドライマウス口腔乾燥症  

唾液分泌量測定  

栄養医学療法  


TOP(横山歯科医院) 

初診・再初診の方へ(ご予約)

ピクチャ 5