初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

 Home>虫歯治療目次>大きい虫歯の治療法>                 
ミニマル・インターベンション(MI)]

topimage0001

ミニマル・インターベンション
MINIMAL INTERVENTION DENTISTRY(MI)

ミニマル・インターベンション:
体にあまり傷をつけないで治療を行うことです。

できるだけ削らない
できるだけ歯を残す
最小限の侵襲治療
「MI」の基本コンセプトです。


2000年、
国際歯科連盟によって提唱された新しい概念です。

私が学生の時(バブル直前期)がちょうど、
「保存修復学(むし歯治療学)」が変化し始めた時でした。
大学で習った治療法は、
国家試験が控えているため
旧式のG.V.Black博士が提唱した
「う蝕部位の予防拡大処置」でした。
  (1)むし歯と疑わしき所は全部削り取る
  (2)その周囲の将来むし歯になりそうな部分も
予防的に削り取る

私が学生の時に
「コンポジットレジン」が登場しました。
コンポジットレジンは歯質に接着するため、
治療法が大きく変化しました。
(1)むし歯と疑わしき所は
全部削り取る必要はありましたが、
(2)その周囲の将来むし歯になりそうな部分は
予防的に削り取る必要はなくなりました。

大学病院での治療は国家試験とは無関係ですので、
「コンポジットレジン」中心の治療に移行して行きました。
しかし、
まだコンポジットレジンの性能が悪かったために
(1)むし歯と疑わしき所は
全部削り取る必要が残りました。

その後、
コンポジットレジンの性能が日進月歩し、
「接着性グラスアイオノマーセメント」が登場し、
・むし歯の確信犯は全部削り取る
・むし歯と疑わしき所は残す
すなわち、
少量の細菌はコンポジットレジンで埋めて
窒息死させてしまう治療法に変化しました。

さらに、
各種抗菌剤による「抗菌療法」と
組み合わせることによって、
中等度量の細菌も消毒殺菌し、
コンポジットレジンで埋めてしまう治療法に
変化してきています。


しかし、
噛み合わせ=咬合や口腔機能によって、
患者さんひとりひとり
むし歯が進行しやすい部分が異なるため、
それによって
治療法や使用材料を使い分ける必要があります。
例えば、
噛み合わせが強くぶつかる部分では、
エナメル質が目に見えない程
少しずつ欠けているので、
それに対処する治療法や使用材料を
選択しなければなりません。

また、
患者さんの栄養状態によって
予後予測がことなるので、
それも考慮しなければなりません。



たかが大きくないむし歯を治療するにも
栄養医学の知識
・咬合噛み合わせの知識
・顎関節の知識
・歯ぎしりの知識
・歯周病治療の知識
・口腔機能生理学の知識
・口腔衛生学の知識
・酸蝕症の知識
・口腔顔面痛の知識
などがないと
ミニマル・インターベンション」できません。
虫歯で痛いのか、
それ以外の原因による「関連痛」なのか
鑑別できないからです。

FDI(国際歯科連盟)より公式声明
新しいMIの原則

2002年10月にオーストリアのヴィエナで開催された
第90会国際歯科連盟(FDI)世界会議の総会において、
Minimal Interventionの原則に関する
公式声明が新たに採択された。
新しい原則では、う蝕原因菌の削減のみならず、
感染予防や糖質摂取削減なども含められ、
患者教育に関する項目も新たに追加されている。



う蝕処置における最小の侵襲
FDIは、
う蝕処置における最小の侵襲(Minimal Intervention)
という原則を支持する。


<MIの原則>
(1)口腔内細菌叢の変容
う蝕は感染症であるため、
感染の抑制、プラークコントロール、
そして糖質の摂取を削減することが第1である。

(2)患者教育
患者に対して食生活と口腔衛生による予防方法とともに
う蝕の病因について説明するべきである。

(3)エナメル質及び象牙質における
非う窩性病変の再石灰化 
唾液は
脱灰/再石灰化のサイクルについて
重要な役割を果たすため、
その量と性質は評価されるべきである。
   エナメル白斑および象牙質の非う窩性病変については、
その進行が停止、または再生されるということを示す
確かな根拠があり、
これらの病変には
再石灰化を促進させる処置を
まず最初に行なうべきである。
また、
リコールの際にどのような進行も
確認することができるように、
病変の範囲は客観的に記録しておく必要がある。

(4)う窩性病変への最小の侵襲による修復処置
侵襲的(外科的)な修復アプローチは、
う窩の進行が抑制できない場合や
審美的または機能的な要求がある場合などに限り
適応されるべきである。
修復処置による侵襲は、
健全歯質の保存を心がけ、
脆弱エナメル質と感染象牙質のみの削除に留め、
これらの処置には、
状況に応じて
手用切削器具、回転式切削器具、超音波装置、
エアアブレイシブ装置、レーザー装置などを利用する。
従って
形成された窩洞は、
従来からの決まった窩洞ではなく、
感染象牙質の広がりによって決定される
独自の窩洞となる。
最小の窩洞形成により
グラスアイオノマーセメントや
コンポジットレジンなどの
接着性材料を用いた充填が可能になる。
いくつかの研究では、
グラスアイオノマーセメントが、
脱灰された未感染象牙質の再石灰化を
促進することが報告されている。
しかし
これらについては更なる臨床研究が求められる。

(5)不良修復物のリペア
修復物の除去は、
結果として健全歯質の削除を伴うことになり、
必然的に窩洞外形は大きくなる。
歯科医師の臨床的な判断により、
修復物の再製ではなくリペア対応を
考慮しても良い。

ドックスベストセメント治療

「小さい虫歯の治療法」

docsbest001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
治療項目別サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (症状別サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

目次

大きい虫歯の治療法

ドックスベストセメント治療

3-Mix(スリーミックス)治療

ミニマル・インターベンション

虫歯治療ガイドライン

虫歯治療(目次)

カリエスリスクテスト

虫歯検診(目次)

虫歯充填治療(目次)

根管治療(目次)