初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

[ヘリコバクター・ピロリ菌は入れ歯を住み家に選ぶ]    


「口腔ケアでクリーンな毎日 円滑な会話と肺炎予防にも有効」
(産経新聞 2010年2月26日)



胃潰瘍、胃がんの原因の1つとされるヘリコバクター・ピロリ菌は入れ歯を住み家に選ぶという。


あなたの周りに口臭のきつーい人、いません? 
口臭は、会話の妨げになるばかりではなく、肺炎の原因となってしまうこともある。
食べる、かむ、しゃべる、息をする・・・。
口の機能は多岐にわたるため、口は雑菌の温床となる危険性があり、特に歯は雑菌の“すみかに
なりやすい。
口の中を清潔に保つ口腔ケアを日ごろから心がけたい。
(小林忍)


「今はCURE(キュア:治療)からCARE(ケア:予防)の時代です。治せるとには限界が
あるんですよ」東北大学大学院歯学研究科の濱田泰三教授(口腔ケア推進開発講座)は力説
する。

濱田教授によると、歯(入れ歯やクラウン=かぶせ歯=を含む)には、炎症を引き起こす
カンジダ菌がすみ着きやすく、この菌が付着した物を飲み込み、誤って肺に入ってしまうと
肺炎を引き起こしてしまうこともあるという。

また、胃潰瘍、胃がんの原因の1つとされるヘリコバクター・ピロリ菌も入れ歯をすみかに
選ぶという。

その他、痛みが激しく食事をするのが辛い口内炎、会話やコミュニケーションを阻害する口臭
などは、口腔の機能が低下することによる雑菌の繁殖が原因と思われる症状だ。

「生活環境の変化による現代病の1つでしょう。よく噛まないから、きれいなアーチ型の歯で
はない乱杭歯(八重歯)が増え、唾液の量が減って食べかすが残り、その結果、雑菌が増えて
しまいます。歯磨きだけでは十分ではありませんよ。普段から、うがいなどで口の中をきれいに
したり、歯間ブラシなどで食べかすを取り除くことが大切です」と濱田教授。

そのうえで、「特に入れ歯の人は、念のために入れ歯洗浄剤を使ってほしい。これで雑菌は
かなり落とせます。入れ歯がなくても私は月に1回、歯医者で歯の手入れをやってもらって
いるんですよ」と話す。


日本口腔ケア学会(名古屋市、鈴木俊夫理事長)では、口腔環境を整えることによる効果に
ついて、
 (1)(物を)おいしく食べられる
 (2)コミュニケーションの円滑化(口臭の除去)
 (3)誤嚥性肺炎の予防(唾液や食べ物が誤って肺に入ってしまう)
 (4)爽快感
などを挙げる。


高齢になっても歯が多く残っている人は医療費があまりかからないことが、平成16年の兵庫県
歯科医師会で報告されている。

昨年の日本老年歯科医学会では、介護老人福祉施設での口腔ケア・マネジメントは、肺炎予防に
有効であることが発表された。




http://sankei.jp.msn.com/life/body/100226/bdy1002260654002-n1.htm    












 

ヘリコバクター・ピロリ菌は入れ歯を住み家に選ぶ

topimage0001
FD002

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します