初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

サイト内検索

初めての入れ歯:表情筋鍛えて食事をおいしく

topimage0001
FD002

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

[初めての入れ歯]     

(あなたの健康百科)


<表情筋鍛えて、食事をおいしく><噛み合わせ悪ければ相談を>


入れ歯のために、せっかくのごちそうも食べにくかったり、味覚を損なったりする悩みを持つ
お年寄りがいる。
特に取り外し式の入れ歯を初めて使った人に多い。
「入れ歯との上手な付き合い方」について、鶴見大学歯学部の阿部實・助教授(歯科補綴学)に
聞いた。



<薄く軟らかい食べ物を>
義歯には「総入れ歯」と「部分入れ歯」があり、いずれも取り外し式である。
それ
と「インプラント義歯」などの固定式とに大別される。

使用者が多いのは取り外し式の入れ歯だが、初めて入れたときに違和感を持っても不思議はない。
中には、入れ歯が合わないと感じる人もいる。
このため、食べ物をうまくかめない、味覚がおかしい、あるいは話しづらいといった悩みを
持つ人は多い。

「入れ歯は、まず噛み合わせが大切です。噛み合わせがきちんとしていない場合は、
作ってもらった歯科医にはっきりと告げ、調整してもらうべきです。しかし、噛み合わせが
悪くないのにうまく噛めない、話しづらいと感じる人は、意識して入れ歯に慣れていくことが
必要です」と阿部助教授。

例えば、初めて入れ歯をした場合、それまで通りの食事をするのではなく、薄くて軟らかい
食べ物を、入れ歯のバランスを意識して噛むことから始める。



<話しにくさも解消>
噛む動作は、単純に見えて、神経や筋肉の協調を要する複雑な運動。
加齢に伴い口の周りの表情筋も衰えてくるが、入れ歯でうまく噛むには、表情筋を鍛える運動が
大切だ。
この運動は話しにくさの解消にもつながる。
「話しにくい人は表情筋の運動に加え、新聞や本を声を出して読むといいのです。味覚の問題も、
通常は入れ歯に慣れてくると軽減してきます。ただし、こうしたケアをしても入れ歯が合わない
場合は、どこがどのように合わないのか的確に医師に告げて、調整してもらうといいでしょう」


このほか、入れ歯の使用に際して欠かせないのが、日常の手入れ。
不潔にしているとカビの一種のカンジダが発生して、粘膜に炎症を起こしたり、口臭の原因に
なったりしかねない。
だからといって熱湯消毒すると、入れ歯が変形したり、壊れたりしやすい。

阿部助教授は「手入れは毎日歯垢を落とし洗浄剤に漬けるように」とアドバイスしている。





*図は、
http://www.medical-tribune.co.jp/kenkou/200509271.html