初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

<1>歯ぎしり(目次)

<2>最近の関心事や知ったこと

<3>「歯ぎしりの種類

<4>「歯ぎしりの原因

<5>「歯ぎしりの治療法

<6>「歯ぎしりの栄養療法

<7>「唇閉じて 歯は噛まない

<8>「歯ぎしりの症状

<51>「噛みしめ呑気症

<52>「顎関節症(目次)

<53>骨隆起(外骨症)

<54>ガム噛み病(目次)

<55>スプリントマウスピース)

<56>氷食症(目次)

<57>あくび(欠伸)目次

<58>寝言(目次)

<7>唇閉じて 歯は噛まない    
                                  

[唇閉じて 歯は噛まない]     

(読売新聞  2008年3月28日)
(元東京医科歯科大学教授エッセイ)



寒さも和らぎ、やっと春の気配が見え始めたころ、象牙質知覚過敏と
歯の腫れに悩まされた。
その影響で肩は痛いし、首はこるわで散々だった。
医者の不養生を絵に描いたようで、実に恥ずかしく、しかも
情けなかった。
お陰で折角の友人との会食も、女房の手料理もちっとも美味しく
なかった。
患者さんの苦しみが改めて理解できた次第である。



今の歯科医療は生物学的アプローチが全盛である。

つまり歯科における2大疾患であるむし歯と歯周病は、いずれも
口の中にいる細菌が関係し、その細菌を駆除、あるいはコントロール
できれば、すべて解決すると考えられている。
だから、口の中の細菌の固まりであるプラーク(歯垢)を除去する、
プラークコントロールが重要であるとされている。
歯磨き、歯間ブラシ、フロスを使用して徹底的に口の中をきれいに
しなさいと、私自身もこの欄で幾度となく解説してきた。
もちろん、それは間違いではないし、今でも2大疾患の予防の
1番の選択肢である。


この生物学的アプローチは、歯科治療が長年行ってきた機械的
アプローチへの反省であり、反動でもある。
むし歯は削って詰めれば治ると信じられていたし、歯が抜けても
正確に削って、精密なブリッジを入れれば、元のように復元すると、
歯科医も患者さんも信じていた時代への反動である。



ところが、長年患者さんを拝見していると、どうもプラーク
コントロールだけでは解決しないいくつかの症状があることに気が
ついた。
プラーク1つないきれいな口なのに、虫歯のように冷たいものや、
熱い物にしみる症状を呈していたり、まるで歯周病のように
歯がぐらついていたりするのである。

こういう症状を呈する患者さんの多くが、働き盛りのサラリーマン
であったり、受験を控えた子供を持つ主婦であったりする。
こうなれば、心因性ストレスを含めたストレスの影響が大きい
ことは、容易に想像できた。

ストレスにより知らず知らずに歯を食いしばり、さらには
夜間睡眠中の歯軋りへと発展していく。
その揚げ句、歯を守る大切なエナメル質が欠けたり、ひびが
入ったりして、下部の象牙質に影響を及ぼして知覚過敏を呈する。
歯が丈夫だと、歯を支えている歯槽骨を壊して、細菌が原因では
ない歯周病をおこす。


日本には古くから、歯を食いしばって頑張りますなんて言葉が
あるが、歯は食事で咀嚼するとき以外は噛んではいけないのである。
爪をかじるのも、鉛筆をかじるのももちろんいけない。
歯でビンの栓を抜くなんて冗談でもやってはいけない。

噛みしめる癖のある人たちに、歯科医の中では知る人ぞ知る
おまじないがある。
「唇閉じて、歯は噛まない」
心当たりのある方は是非実行して頂きたい。


 

topimage0001
Brx104

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します