top4001
top4002
top4003

<13>酸産生細菌も酸には弱い

低pH環境(酸性環境)は、細菌内部の酸性化も生じます。
代謝酵素が阻害されたり、細胞質が変性したりして、
やがては酸性死に至ることもあります。

酸産生細菌はこれに対抗するために、
細菌内部からの酸排出を行ったり、
細菌内部でアルカリ性物質を産生したりして、
細菌内部の酸性化を防いでいます。
しかし、
これらの対抗策は、
自分自身が産生する酸の量に対しての防衛策です。
想定以上の低pH環境では、
酸産生細菌でさえも生きられずに死滅します。


重度の酸蝕歯(酸蝕症)の人の口腔内には、
プラーク(歯垢)ひとつないピカピカの歯が並んでいます。
但し、酸蝕によって歯の形態は脱灰変形していますが。

toothwear001

初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

<1>「酸蝕症・酸蝕歯

>「最近の関心事や知ったこと

<3>「酸蝕症・酸蝕歯の症状

<4>「酸蝕症・酸蝕歯の罹患率

<5>「酸蝕歯のリスクファクター

<6>「酸性の飲食物は要注意

<7>「清涼飲料 がぶ飲み危険

<8>「ゲータレードは早く歯を溶かす?

<9>「知覚過敏原因の酸蝕歯

<10>「酸の強い飲み物に注意

<11>「虫歯発生機序の基礎

<12>「酸産生細菌も酸には弱い

<14>「虫歯と酸蝕歯との関係

<15>「GERD逆流性食道炎

<51>虫歯の発生機序と予防

<52>「知覚過敏(目次)

<53>「摂食障害(目次)