[清涼飲料 がぶ飲み危険]   

(東京新聞  2011年8月16日)


暑い日の水分補給は大切だが、飲み物選びには注意が必要だ。
糖分の多い清涼飲料水の取り過ぎで高血糖状態になる「ペット
ボトル症候群」と、酸で歯が溶ける「酸蝕症」について、専門家に
聞いた。
(竹上順子)


20代後半の男性会社員は、初夏から1.5リットル入りのスポーツ
ドリンクを毎日3本飲んできた。
2カ月後、異常なのどの渇きと多尿、意識障害を起こして病院へ。
高血糖状態でペットボトル症候群と診断された。
インスリン注射などの治療後、食事療法を続け、血糖値が正常に
戻った。

症候群の正式名は「ソフトドリンクケトーシス」。
糖分の取り過ぎでインスリンの供給が間に合わず、高血糖状態に
なる。
進行すると全身倦怠や意識障害、体重減少などを起こし、
命を落とす場合もある。


「肥満の人は注意が必要」と女子栄養大の本田佳子教授(医療
栄養学)は話す。
体重(キログラム)を身長(メートル)の2乗で割った体格指数
(BMI)が、一度でも24以上になった人は(標準は22、肥満は
25以上)要注意。
前出の男性もBMI28.7で減量を指示されていたが、実行できずに
いた。

家族に糖尿病患者がいる人や、血糖値が正常より高い“糖尿病
予備軍”の人も、同症候群になりやすい。

本田教授は「自覚のない人が1番危険。健診結果を見るときは、
空腹時血糖のほかヘモグロビン(Hb)A1cの値や、1年間で
体重が5キロ以上増えていないかなどにも気をつけて」と助言
する。


高齢者も要注意だ。
甘さを感じにくくなっていたり、熱中症予防にと1度に大量に
飲んだりして、糖分を取り過ぎてしまうためだ。
「65歳を過ぎると腎臓の機能も落ち、インスリンの分泌量も減る。
スポーツ飲料は体にいいと思いがちだが、普通の生活では
取らなくていい」


3度の食事を取っていれば、ほかに必要な水分は1日約1.5リットル。
本田教授は「日本人は食事で塩分を十分に取っており、こまめに
水や麦茶、ほうじ茶を飲めば大丈夫。糖分の取り過ぎは、
ビタミンB群の不足から、だるさなども引き起こす」と話している。




歯への影響も見過ごせない。
東京医科歯科大の佐々木好幸准教授(う蝕制御学)は「虫歯だけで
なく、歯が溶ける酸蝕症にも気をつけて」と話す。

酸蝕症とは、酸によって歯のエナメル質や象牙質が溶かされること。
虫歯の原因は細菌がつくる酸だが、酸蝕症は食べ物や飲み物、
食品添加物に含まれる酸が原因だ。
酢やかんきつ類のほか、清涼飲料水でも起きる。

口の中が酸性になっても普通は唾液で中和され、歯の表面の
ミネラルが溶けても唾液中のミネラルで元に戻る。
だが長時間、歯が酸にさらされ、中和される前に歯磨きで摩擦されると、
歯が溶けたり削られたりする。

「進行すると知覚過敏が起き、歯ブラシが触れただけで電気が
走るような痛みを感じることもある」と佐々木准教授。
穴が開いても、痛みがなければ治療の必要はないが、場所に
よっては虫歯になりやすくなり、詰め物が取れやすくなる。


予防法は
  ・酸性の飲食物を取る回数を減らす
  ・ストローを使って飲み物が歯に触れないようにする
  ・飲食後にうがい
  ・飲食後30分以上たってから歯磨き
など。

すぐに歯磨きをしない点が虫歯予防との最大の違いだ。


歯のエナメル質はpH5.5以下(中性はpH7)で溶ける。
佐々木准教授は「飲み物にカルシウムが含まれていれば溶けにくい。
pHだけで判断せず、今後は個別に評価し、消費者に知らせていく
必要がある」と指摘している。





http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/health/CK2011081602000082.html 









 

<7>[清涼飲料 がぶ飲み危険]     

toothwear001

初診・再初診の方へ

案内地図

再診(治療中)の方

院長自己紹介

FAQ・お問い合わせ

topimage0001

栄養医学・咬合・機能
トータルで健康を考える
横山歯科医院
顎口腔疾患サイト  
http://yokoyama-dental.info/
栃木県宇都宮市平松本町342-5    電話:028-634-3110(平日の9時〜18時)
インターネットで24時間ご予約受付しております
http://yokoyama-dental.jp/ (顎口腔以外の疾患サイト)
お問い合わせはこちらからお願い致します

<1>「酸蝕症・酸蝕歯

>「最近の関心事や知ったこと

<3>「酸蝕症・酸蝕歯の症状

<4>「酸蝕症・酸蝕歯の罹患率

<5>「酸蝕歯のリスクファクター

<6>「酸性の飲食物は要注意

<7>「清涼飲料 がぶ飲み危険

<8>「ゲータレードは早く歯を溶かす?

<9>「知覚過敏原因の酸蝕歯

<10>「酸の強い飲み物に注意

<11>「虫歯発生機序の基礎

<12>「酸産生細菌も酸には弱い

<14>「虫歯と酸蝕歯との関係

<15>「GERD逆流性食道炎

<51>虫歯の発生機序と予防

<52>「知覚過敏(目次)

<53>「摂食障害(目次)